SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

アメ車屋&農業の二刀流

オークション会場でお仕事(2)
0
    今日は宮城のオークション会場へ。連日の伊達藩入りです。
    ここの会場はとてもコンパクトでのんびり、なんかホッとします

    USS東北会場


    食堂も神戸の県立高校のカフェテリア並みにコンパクト


    この子を見に来ましたが、良くチェックしたらハイドロ歴があり、、、(汗)

    綺麗に修復してありましたが私の目は誤魔化されません。

    また今日も無駄足に・・・
    | American car shop | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    仙台へ
    0
      今日は77yコルベットの納車でした。
      隣県、仙台市のお客様へ嫁いで行きます。


      時々お邪魔する宮城運輸支局は年度末間近で、結構な混雑。
      それでも書類が出て来る時間が東北のどこかの県の支局より数段早い! 何故だ?


      帰りはお気に入りの「松島」経由の下道でゆっくり帰ります。景色が本当に綺麗です。



      40数年前、神戸の高校の修学旅行でここへ来て、遊覧船からカモメに餌をあげたのは記憶にあるのだが、何処の宿に泊まったのか?サッパリ覚えてません。



      このコルベットが新車で走ってた1977年と言うと、映画「サタデー・ナイト・フィーバー」の大ヒット、テレビやラジオではピンクレディの「渚のシンドバッド」が始終流れてた頃でしょうか。
      | American car shop | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      いい加減な整備
      0
        今日は隣県の顧客様から注文を受けていたスターターモーター新品部品のお渡しでしたが、「取付けボルトが頻繁に緩むんです・・・?!」と事前に不具合内容を電話で聞いていて、緩む事など普通無いし聞いた事も無い変な症状なので、念のために外した現物を持って来てもらいました。
        スターター本体は、グラグラ緩んであろう時にセルを回した事による衝撃でハウジングが割れており、新品部品への交換は必須でしたが、さて緩みの原因は? と思ったつぎの瞬間・・・ありえへん光景が!!
        何と一緒に持って来られた取り付け用のボルトが銀色?!、そして何処かで見たことのある125 の刻印が頭に!
        あーあ 「やられた!」と一瞬で思いました。


        聞けば2年程前に地元の整備工場で交換してもらった事があり、その後から定期的な緩みの症状があったのだと言う。
        その整備工場は今はもう廃業しているので真相はわからないものの、推測では「ボルト無くしたんだべ?!」「それでホームセンターに走ったんだべか?!」と顧客様と顔を見合わせました。

        ボルトまでは取寄せてなかったので、急遽当店のジャンクエリアから本来のスターター用ボルトを探り出して、顧客様にインチのピッチや正規の長さを説明して、USEDのそれをサービスにて一緒にお渡ししました。





        使われてたFU○Kなメトリックのボルト(右の2本)は幸いにも柔らい材質のものでしたので、エンジンブロックに入って締まってた部分はボルトの方が負けてインチのピッチにナメってる様子でした。


        ネジのピッチ、サイズの確認やスターターの取り付けにあたっての注意点など、店内にディスプレイしてる実物のシボレーV8エンジンを使ってご説明しました。


        「流石、アメ車屋さん! 」、と言われてしまいました。
        ただの脱サラ素人アメ車屋ですがね・・・(笑)
        | American car shop | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        オークション会場でお仕事
        0
          春になって魅力的な車が出品されてますので、来てみました。
          同時に12レーンの競りが行われる国内最大規模のオークション会場、USS東京


          この車を狙いに来ましたが・・・
          また当日の訂正表あり、フロント部に修復歴アリ との事

          当然見送りです。

          こんな車達も魅力的です・・・


          | American car shop | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          コルベットC3の整備
          0
            コルベットC3のウイークポイントのひとつ、
            バキューム・リトラクタブル・ヘッドライト。
            例に漏れずこの子もウインクが好きな様です。

            アクチュエータとリレーの双方共々外して修理を試みます。




            と書いてしまえば簡単ですけど、ここに至るまでには数々の試練の連続、 ie. ボンネットフードを外したり、あのネジ外したり、指にバンドエイド巻いたり、とか・・・
            何かと結構しんどいんですよ(笑)
            (このブログを見てる人から「んだんだ」とか「んだからよ」とか
            「せやな」なんて声が聞こえる気がします)。

            たった一人で営業してる身として、店内にはC3のフードを一人で外せる仕掛けもありますが、何かと気を使う手の掛かる子です。





            さて、ゴザ敷いて下からもアプローチするべかな、、
            | American car shop | 19:16 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
            春間近
            0
              雪と硬い氷に覆われていたお店の敷地が昨日からの雨でやっと融けて、すっかりアスファルトが出てきました。

              自宅の車庫に保管していた77yコルベットを移動して来て、気になる部分の修理を施します。




              | American car shop | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              明けましておめでとうとございます
              0

                | American car shop | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                クリスマス寒波の前に・・・
                0
                  気持ちのいい晴天のもと、74yモンテカルロを洗車しました。ピカピカになった車体は、屋外屋根下→屋内展示場へ格納です。




                  余りの気持ち良さに昼食時に77yコルベットで山の麓までドライブを!

                  運転していて見えるこのフェンダーとフードの膨らみが何十年経っても好きなアングルです。


                  陽に当たるダークパープル・メタリックが美しい
                  | American car shop | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  冬ごもり(続)
                  0
                    余りに天気が良いので、農作業場をもう少し片付けて、もう一台を屋根下にと!

                    ターゲットになったのは、、黄色いアストロ。 最近、前期モデルが熱くなって来てますが、この子はV8 305が載ってます。305と言えどTPI仕様なのでパワー充分、アクセル3/4開でホイールスピンしてぶっ飛んできます(笑)
                    | American car shop | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    77y コルベットC3
                    0
                      新たに入庫しました。
                      探しても中々出ないマニュアルミッション車の‘77年式です。元々当店でお世話したC3です。
                      ブレーキ関係その他整備はこれからですが、コルベットには自信と経験豊富なお店ですのでご安心ください。


                      コルベットC3の中期型でありながら「スティングレー」とは呼べない唯一のこの年式。
                      自身が最初にコルベットに乗った年式、アメ車歴を語る上で重要な年式でもあります。
                      その77年式に乗った当時、コルベットC3はすでに前後バンパーの形状が大幅なマイナーチェンジを施され、シリーズ完成形として究極の人気を博した後期型(‘80y〜)に発展を遂げた頃で、巷では石川ひとみの「まちぶせ」やジューシーフルーツのイリアがファルセットボイスで歌う「ジェニーはご機嫌ななめ」が良く流れてましたねー
                      | American car shop | 18:52 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |