SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

アメ車屋&農業の二刀流

<< 猛暑 | main | 気仙沼へ >>
足りないものは?
0
    もうすぐ夏の高校野球が始まります。 野球は試合の流れを上手く掴んだ方が勝ちに繋がる事が多いのですが、一瞬にして起こる信じられない様な逆転劇も魅力です。 各ゲーム毎の個々の「流れ」に加えて、大会全体の流れもあり、それに上手く乗ってかないと優勝まで登り詰める事が出来ない。 私がこれまでに見た最高の奇跡は2007年夏の佐賀北高校でした。がばい旋風と騒がれた、その一公立高校が甲子園夏優勝まで登り詰める凄いストーリーはここでは割愛しますが、正に「流れ」と言う目に見えない魔物? 神様? は、他のどの球技(団体競技を含め)にも共通して言える事と思います。 今行われているサッカーワールドカップでも先日28日のポーランド戦でせっかくの順風満帆な「流れ」を自ら絶ってしまった日本チームの今日のトーナメント初戦の結果と試合の流れは予想し得たものであり、にわかサッカーファンの私にはこの試合はわざわざ早起きして見なくて、6時のニュースで結果を確認するに事に。ただ予想した1-5のスコアより大幅に互角の戦いだった事には少しばかり驚きが、、、
    もう日本のサッカーの実力は世界で互角に戦えるレベルにあるのだから、「流れ」を大切にして勝ち進む事も夢ではないでしょう。
    | Miscellaneous | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.chevy1.main.jp/trackback/573