SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

アメ車屋&農業の二刀流

<< 鮎 | main | 「金色の風」栽培研究会 >>
岩手の高校野球
0
    ここ20数年間、公立高校の甲子園出場が無くて、県大会では次の試合が花巻東とか盛岡大付属だと結果は解った様なもので空気間が悪く、しらけてしまう。対戦校の選手の本心はさておき、高校野球ファンのみならず県民もそういう雰囲気だからここ最近は観戦客もかなり少なくなってしまった。
    私立高校の中でも(花巻東を除き)関西や関東の野球留学生がそのほとんどを占めるのチームもあり、地元TV局で「ここ数年は岩手県の甲子園での勝率が過去に比べて大幅にアップしている」と得意げに報道されるも、イマイチ盛り上がりに掛けるのは、その内情を知る県民感情の表れだろうか。

    数年前に前出の私立高校の決勝戦の前に、たまたま知り合いの同校PTA関係者にお会いしいた際に「あと一勝で甲子園ですね!」と、本音はさておき社交辞令で?激励を含めた挨拶をした時、その彼が憂鬱な表情でウンチク(内容は割愛します)を私に話してくれた事を今でも思い出します。
    一時期、高野連が野球留学について苦言を呈してたと確かに記憶しますが、高校野球が国民の望郷感情を元に成り立っている日本固有の一大イベントとしてある以上、もう一考、ここはある程度の規則等が必要ではないかと考えてしまいます。

    岩手県大会、今年は例年になくミラクルな試合が多い年なので、ここで一発新鮮な高校が甲子園出場を果たして県民が大いに盛り上がるのを楽しみにしています。
    それにしても、岩手県決勝戦で「盛岡大付属」をノーヒット・ノーランできる事も夢ではないであろう大器、佐々木朗希君がいる大船渡高校が3回戦で例年単独で参加する事が非常に困難な山間の対戦校にまさかの歴史的敗退をしてしまった事は、重ね重ね残念に思います(これまたエース温存の悲劇)。逆にホッとしたのは、彼の肩を温存出来た事に安心したバックネット裏に居たプロ野球スカウト陣だったかも(笑)
    ところで、その佐々木君の何が凄いかと言うと、高校進学時には県内外の沢山の私立高校からお誘いがあった様ですが、被災時の関連も含め苦楽を共にした仲間と共に甲子園を目指したいからと地元の県立高校を選んだ事。広島カープの黒田博樹さんとダブって見える彼の男気に改めて関心すると共に、まだ2年生なので来年こそその夢を叶えて欲しいと願っています。そして大谷2世(投球フォームはダルビッシュ2世ですが・・・)として、今年もうすでに各球団のスカウト陣を騒がしてますが、来年のドラフトの一位指名の目玉になる事間違いないと思います。

    県内の高校野球ファン+にわか高校野球ファンが貸し切りバスを連ねて甲子園球場に応援に行く姿のニュースが見れるのかな?
    | High School Baseball | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.chevy1.main.jp/trackback/580