SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

アメ車屋&農業の二刀流

<< 77y コルベットC3 | main | 冬ごもり(続) >>
マルカン大食堂、その後
0
    所用で花巻市に来たので、今日の昼食は久しぶりにマルカン大食堂に来てみました。 昼12時を過ぎた時間帯でしたので、かなりの行列を覚悟しましたがサンプルケースの前や食券売り場はガラガラ、、 一時閉店前迄の通常営業だった頃にも見かけない光景に一瞬何が起きたのか呆気に取られました。

    さておき、サンプルケースに目をやると何と「オムライス」がラインナップに! 迷わずこれにしました。(お気に入りだったスパゲティ関係は未だに未復活ですが、、)





    思えば再開店後はメニューの価格が以前に比べて高くなってます。
    このオムライスは530円、前は確か380円位だったかな? 人気No.1 メニューとされる「ナポリカツ」は780円、これは元々580円位だったと思います。
    これでも都会の相場と比べると遥かに安いレベルですけど給与格差や地方物価を考える時、また味と値段のバランスを考えると話題性で遠方からやって来られる方や観光客は別として、地元客には微妙にここで食べたい指数が落ちてる様な気がします(再開に際して当然、利益率を計算した上での価格見直しと思われますが、岩手県での大衆食堂では少し無理がある気がします)。
    実際、ナポリカツ780円と食後の名物ソフトクリーム180円を食べると計960円になり、近辺の手の良いレストランのランチメニュー(デザート+ドリンク付き)が食べれてしまう価格帯になってしまいます。

    今日の食後は「バナナクレープ」、2人前ほどのかなりの大きさです。これは500円(前は確か380円)。


    客席も空席が多かったです。

    昭和の雰囲気の中、昭和的なメニューを、昭和に近いリーズナブルな価格で、食べれる。そんな大食堂!
    気軽に通っていたであろう年配の常連客が、以前に比べて激減していた店内を見るに付け、商売の難しさ(厳しさ)を垣間見た気がしました。
    | Food & Drink | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.chevy1.main.jp/trackback/628