SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

アメ車屋&農業の二刀流

<< 喝・あっぱれ | main | ジンバック >>
パワーウィンドモーター交換
0
    当店で扱っている様な古いアメ車は電装系の不具合が多く、とりわけドアロック・アクチュエータの不動や、パワーウィンドゥの開閉が鬼ほど時間が掛かるのは日常茶飯事と言って良い程です。
    納車整備を進めてるバンデューラもパワーウインドウに問題を抱えており交換作業を進めます。
    コンバージョン車なので、内張を外すだけでも難儀です


    しかもこれ、C10ピックアップやK5ブレイザーと並んで交換作業のハードルが高い車で、良く言われる「後々のメンテナンスの事を一切考えてない設計」です。

    モーターの固定ボルト真上の穴が申し訳程度で、例えばソケットレンチの入る位の穴にしとくとか、頭を+ネジにしてくれてたら楽なんやけど・・・


    僅かなスペースにスパナを突っ込んで緩めますが、自分がバンデューラのオーナーだった頃(20年ほど前)に最初に試みた時には途方に暮れた思い出があります。

    運転席側を交換してサクサク上下する様になると今度は助手席側の動きが遅く感じます。 ついでにそれも交換するとしますか・・・(汗)

    しかし、暑い!! 梅雨も明けて35℃超えの猛暑での作業老体にこたえます(滝汗)
    | American car shop | 14:45 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    シェビーバン来てますね!
    | えんどう | 2019/07/29 9:59 PM |

    三角窓がある世代の最後の車ですし、自分も家族車に乗ってた車なので、県内の方に乗って頂くのを幸せに感じてます。
    現在のアルミエンジンでは出せない重厚さと言うか、鉄ブロック・鉄ヘッドV8エンジンが奏でる独特の排気音を伴った古き良きアメリカンな加速感は格別ですよね!
    | オーナー | 2019/07/30 9:29 PM |










    http://blog.chevy1.main.jp/trackback/731